第19章 画面位置 ~立ち回りでラインを上げる~

kokonoe
前回言った通り、立ち回りの中で相手を端に追い込む方法について説明する。

ふむ…でもいまいちピンとこないです。どうすればいいんでしょ?
kokonoe

kokonoe
牽制やダッシュなどで相手にプレッシャーを与えて下がらせるのがいい。
とりあえず例を示そう。ネット対戦のワンシーンだ。


(いいなぁ…ツバキの衣装…かっこいいなぁ…アタシもああいうのほしかったな…へんしーん!とかしたかったな…)
kokonoe

kokonoe
おい。ちゃんと見ていたのか?

み、見てました!!なんかいつのまにか画面端って感じッスね!たぶん!
kokonoe

kokonoe
……まあいい。切り分けて説明するぞ。



kokonoe
まず動画の3秒あたりの、イザヨイの飛び道具を僕が飛び越えた状態だ。真ん中の線がステージ中央だから、どちらも画面端からの距離はほぼ同じだ。

ほぼ五分の状況ってわけですね。
kokonoe

kokonoe
ポイントは次だ。







kokonoe
僕が氷翔剣を打って走っているのに対して、相手は空中バックダッシュで下がって間合いをキープした。結果、画面位置的には僕が少し有利になった。

ふむふむ。間合いを保った代わりに画面端に近づいちゃったんですね。
kokonoe

kokonoe
単純な話、これで相手が下がるならこれを繰り返せば画面端に追い込むことができる。

た、確かにそうですけど!でも実際はそううまいこといかないですよね…?
kokonoe

kokonoe
そうだな。とりあえず次のシーンだ。









kokonoe
相手はまた飛び道具を打ったが、僕はそれをジャンプでよけつつ空中氷翔剣を打ってから走っている。
これならただ飛び越えるよりも、次の動きに繋げやすい。相手はしゃがんで氷翔剣をやりすごしたが、その間に僕は深く走りこめている。

ふむふむ…。この時点で、キサラギ先輩のほうが、かなり中央から進軍できてますね!
kokonoe

kokonoe
進軍…という表現が正しいかどうかはわからんがまあそういうことだな。
この時点でこちらのほうがかなり余裕を持てる。

ふむふむ…。あ、ツバキ(イザヨイ)も、さっき下がっちゃったから、今度は負けじと牽制振ったんですね。
kokonoe

kokonoe
そうだな。これ以上下がるのはまずいと思ったんだろう。
しかし、僕はその前で止まっていたので、目の前で隙を晒す結果となってしまった。だから…





kokonoe
隙をごまかすためバックステップでさらに後退してしまった。それが仇となった。

一気に走りこまれて、攻撃を喰らってますね……。
kokonoe

kokonoe
ああ。相手がこれだけ下がったなら、シンプルなコンボでほんの少し運ぶだけで、もう画面端だ。



ひえぇ……女の子をネチネチ追い込むこの感じ、さすがキサラギ先輩って感じッスね!!!
kokonoe

kokonoe
……ネチネチしたのが嫌いなら、今ここでお前をあっさりと斬り捨ててやってもいいんだぞ?

ご勘弁をォーー!!
kokonoe

kokonoe
フン、冗談だ。要するに、

相手に消極的な動きが目立つなら、無理に攻めずとも適度に間合いを詰めていけば、相手に触らずとも追い込むことができる

ということだ。

なるほど…。
kokonoe

kokonoe
ポイントは、前に出すぎないことだ。
返り討ちに合うリスクもあるし、相手がジャンプなどで位置を入れ替えやすくなる。

ふむふむ。気を付けます。相手がガンガン前に出てくるタイプだったら?
kokonoe

kokonoe
対空や牽制で迎え撃ってコンボで運ぶ、というのがいいな。それに、次回説明する方法でもいい。

ほほう!次回は!?
kokonoe

kokonoe
立ち回りでの位置入れ替えについてだ。

格ゲーマー向けプロフィールサイト Kaku-Pro
このサイトは、格ゲーマー向けプロフィールサイト Kaku-Proのコンテンツの一部です。
上部メニューバーの"My Page"で、自分だけのプロフィールページと、格ゲー名刺が作れます。
是非お試しあれ。

ss1
ss2