第2章 自分のターンの攻め方〜コンボ〜

kokonoe
さて、前回はダメージを与える流れを説明したところで、今回からは自分のターンの攻め方について解説していく。今回は、”コンボ”についてだ。

コンボですかー。。Wikiとか見たけど、たくさんルートがありすぎて何がなんだかって感じ。
kokonoe

kokonoe
だろうな。BBは行動の幅が広い故にコンボルートも多様だ。しかし、全部覚える必要などない。重要なポイントを押さえておくことが大事だ。

前回も言ってたね…重要なポイント…とは一体!?
kokonoe

kokonoe
前回の内容を思い出してみろ。全体の流れの中で重要だったことは何だ?

えっとー。

1.立ち回りで先に触ること

2.一度奪ったターンは維持すること

でしたっけ……あ!
kokonoe

kokonoe
気づいたか。さすが勘がいいな。コンボを行う上で重要なポイント、それは、

しっかりダウンを取って起き攻めにつなげ、相手を逃さないこと

だ。
ダウンを取ることに比べれば、少々の火力差は問題にならん。

kokonoe
むしろ、無理に高難度コンボに挑んで失敗すると悲惨な目にあうから、たとえWikiに基本コンボと書かれていても、難しいと感じたらパーツを省きまくって自分でも完走できるレベルに落とし込んでしまうといい。

なるほど…目先の利益のために無理するよりも、次の利益を生みやすい状況を維持することが大事だってことですね!!
kokonoe

kokonoe
そういうことだ。ここで コンボミスの結果反撃を受けた例を示そう。先に言っておくがかなり極端な例だ。


うおっ!!?めっちゃ体力あったのに殺されちゃった!!?
kokonoe

kokonoe
まあ実戦でここまでの反撃を受けることはあまりないが…。
慣れていないしゃがみ限定コンボに挑戦した結果このザマだ。
そうなるぐらいなら、完走できるか怪しい難しいコンボなどやめてしまえばいいんだ。次の動画を見てくれ。


なんか、一つ一つのコンボが短いような?
kokonoe

kokonoe
そうだな。コンボはひたすら安定を取ったことで短くなり、ダメージも低めだ。しかし、しっかりダウンを取っているので崩しに繋げることができている。崩しが通れば結果として合計ダメージも増える。

なんだか、見てて流れが鮮やかで気持ちいいなぁ。
でもさー、ココノエ博士。最初の動画の青いアズラエルは、1回のコンボで相手倒せてるし、やっぱりダメージの高いコンボができたほうがいいんじゃ?
kokonoe

kokonoe
そりゃあ、できないよりはできたほうがいい。
ダウンを取りながらもっとダメージを上げるコンボルートもある。
しかし、それ以上にコンボミスで反撃を受けたり、ダウンをとれずに相手を逃がしたときの損失のほうが重大だ。

kokonoe
要は、実戦でのコンボ選択は、ダウンを取って起き攻めにつなげることを大前提として、火力の底上げは自分の腕と相談して決めるといい、という話だ。

ふむふむ。
ダウンを取って起き攻めするっていう流れに慣れてきたら、少しずつ、コンボを練習して高火力コンボができるようになっていきたいなぁ。
kokonoe

kokonoe
そうだな。
あと、コンボの完走率自体が低いと、崩し・立ち回りなど、試合全体の流れがガタガタになってしまう。
しっかりと「コンボ開始→コンボ終了→次」の流れを構築できないと、他の要素もいつまでも上手くなれんだろう。

何事も、ひとつひとつけじめをつけて次に行くってのは大事ですもんね。
kokonoe

kokonoe
そういうことだ。コンボについては以上。次回は、「崩し」についてだ。

格ゲーマー向けプロフィールサイト Kaku-Pro
このサイトは、格ゲーマー向けプロフィールサイト Kaku-Proのコンテンツの一部です。
上部メニューバーの"My Page"で、自分だけのプロフィールページと、格ゲー名刺が作れます。
是非お試しあれ。

ss1
ss2