第26章 仕込み入力

ちわーっす…… ぎょっ!?
kokonoe

kokonoe
………

………えっと……
kokonoe

kokonoe
……昨日はどこへ行っていた。僕との約束をすっぽかして。

き、昨日は……レイチェルさんの家で……その……
kokonoe

kokonoe
……

起き攻めと受け身狩りのテクニックを教わってました!!ゴメンナサイ!!
kokonoe

kokonoe
ほう……?

移動受け身を狩るような2A、2Bを置いて、相手が移動受け身してなかったら技を重ね直せばいいって!!めっちゃタメになりました!!
kokonoe

kokonoe
なるほどな……。逃げたのかと思っていたぞ。

ま、まっさかー。はは。
kokonoe

kokonoe
ま、逃げたわけじゃないならいい。
それに、レイチェルから教わったということが、丁度お前に教えようと思っていたことと、無関係ではない。

マジッスカ!!?
kokonoe

kokonoe
今回お前に教えるのは…「仕込み入力」だ。起き攻め・被起き攻めで特に役に立つ。とりあえず、この動画を見てくれ。


ふむ…一つ目はダウンをとった後小技で固めてて、二つ目はバクステの硬直に刺してる……けど、これがどうかしたんですか?
kokonoe

kokonoe
この二つ、画面上だとわかりづらいが、どちらも、僕は、”全く同じ入力をしている”んだ。

え!?うっそだーw
だって一つ目は5B(蹴り)出してるけど二つ目は5C(斬撃)出してますよ!?
出てる技が違うし、同じ入力なわけないじゃないですか!
kokonoe

kokonoe
そう思うだろう。だが、同じ入力なんだ。これを可能にするのが、仕込み入力というテクニックだ。

ど、どうやるんですか?
kokonoe

kokonoe
動画の場合は、ダウンを取って前転狩りの2Aをスカした後、2A>5B>5Cと入力している。
このとき、AとBはほぼ同時に押すんだ。ほぼ同時だが、ほんの少しAが先、というぐらいのタイミングだ。

それで、動画見たいな動きになるんですか…?なんで?
kokonoe

kokonoe
そういう入力をすることで、バクステなどで2Aをスカされた場合は、2Aの硬直中に5Bを入力することになるため、5Bが出ず、後続の5Cだけが出る。
逆に2Aがヒットorガードされた場合は、硬直をキャンセルして5Bが出る。

なるほど…これなら、決まった入力するだけで、普通の起き攻めの固めとバクステ狩りを兼ねてて、強いかも…
kokonoe

kokonoe
同じような理屈で、昇竜への対策もできる。次の動画を見てくれ。


kokonoe
この動画では、2A>(後ろに入れて)5B と入力している。2Aをガードすれば5Bが出るし、昇竜の無敵でスカされたら5Bが出ずガードが間に合う。

おおお……23章の詐欺重ねの応用ですね。
kokonoe

kokonoe
他にも、移動受け身狩りのときにも仕込み入力が使える。次の動画を見てくれ。


受け身狩りの5CにODを仕込んでおくわけですね。移動受け身中はガードができないから、キャンセルODが出るのは、ヒットしたときのみ、と。
kokonoe

kokonoe
そういうことだ。ODはバーストを封じるので、バースト残ってるし1回読み負けてもまだチャンスはある……と思って移動受け身をする相手を殺し切るときなどに使える。ODではなくDDを入れ込んでもいいだろう。

kokonoe
また、仕込み入力の出番は何も自分が攻めてる時だけではない。


アズラエルが裏に回ったときだけ、昇竜が出てる?
kokonoe

kokonoe
ああ。この動画では、起き上がりと同時に 421A+B+C と入力している。
こうすることで、相手が表に居たときはバリアガードが出るが、裏に回ったときは昇竜が出る。

なるほど。これなら起き上がりに一回入れるだけだから、あたしでもできそう!!
kokonoe

kokonoe
このように、相手が特定の行動を取った時にだけ技が出るように入力する…すなわち、技を「仕込んで」おく。それが仕込み入力…というわけだ。

なるほどね!!これができるようになれば、起き攻めとか被起き攻めで考えなきゃいけないことが減ってよさそう。
kokonoe

kokonoe
そうだな……読み合いに勝てないと思ったら、こういうテクニックでどうにかなる部分はないか、考えてみるといいかもな。

kokonoe
今回は以上。次回は…ヒットボックスについてだ。

格ゲーマー向けプロフィールサイト Kaku-Pro
このサイトは、格ゲーマー向けプロフィールサイト Kaku-Proのコンテンツの一部です。
上部メニューバーの"My Page"で、自分だけのプロフィールページと、格ゲー名刺が作れます。
是非お試しあれ。

ss1
ss2